058-245-6315

月曜日-土曜日【午前診療】: 09:00 〜 12:00

月曜日-金曜日【午後診療】: 16:00 〜 19:00

休診日 : 日曜日、祝日、土曜日午後

川崎整形外科クリニック_野球肘検診について

少年野球肘検診および
ジュニアテニス肘検診

いわゆる「野球肘」の早期発見を目指す活動をしています。少年期の野球肘には、大きく分けて二つあり、野球の投球動作の乱れとオーバーユースなどの外的要因により発生する上腕骨内側上顆下端障害と、外的要因に加えて内的要因から発生する上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(小頭OCD)です。

小頭OCDは、初期には症状がほとんどなく、症状が出てから受診すると、すでに進行しており、手術が必要になることも少なくありません。そこで現場に行き、超音波を使った検診をすることで、初期の小頭OCDを発見することができます。初期の小頭OCDで発見できれば、時間はかかりますが、90%以上の確率で手術をせずに完治できます。 少年野球肘検診は、2012年から岐阜県内各所で、私と当院の理学療法士を含めた有志(医師、理学療法士、検査技師)20~30名のボランティアで行っています。また当院が中心となり硬式テニスのジュニア選手に対しても、超音波を使った肩肘検診を行っています。今後もこの活動を続けていくつもりです。

川崎整形外科クリニック_野球肘検診について01
川崎整形外科クリニック_野球肘検診について02
川崎整形外科クリニック_野球肘検診について03
川崎整形外科クリニック_野球肘検診について04
川崎整形外科クリニック_野球肘検診について05
川崎整形外科クリニック_野球肘検診について06

Q:野球肘の症状が出る前に受診をするのは難しくありませんか?

Q:運動器パスポートとはどんなものですか?